「天才はあきらめた」(著:山里亮太)の要約と感想

山里亮太「天才はあきらめた」

2018年7月6日に発売された、山里亮太著「天才はあきらめた」。

才能があると信じたいが、それがなく駄目だと自覚し、それでもなお何者かになりたくて、努力をしている。

そんな山里さんの人柄と努力がにじみ出るとても面白い本でした。

本の中で出てきたキーワードたち(網掛け部は同書より引用)

「何者かになりたい」ではなく、「モテたい」という中間ゴールを設定する

遠すぎるゴールではなく、近くて手が届きうるゴールを設定することで、心が折れずに努力を続けられるそう。

「幸せになりたい」ではなく、「毎日、朝気持ちよく起きる」ことをゴールに設定するようなイメージですかね。

 

自信貯金

挫けそうになった時に、褒められたこと・良かったことを思い出して、折れそうな心を自分で補修するということ。

 

スタートラインって立つのが本当に難しい。いつも立てたと思ったら新しいスタートラインが現れる。そこで躊躇している限り、先に走り出せた人から引き離されていく。

「お兄ちゃんらしくしなさい」「お姉ちゃんらしくしなさい」という言葉は、本人の心構えなく、弟・妹が生まれた瞬間に浴びせられる。

準備が出来てからスタートラインが現れるのではなく、スタートラインが現れてから準備するのが世の常なのだ。

 

自分が薄っぺらい人間だと痛感させられる。しかし、その痛みを努力に変換する。駄目だからやらないのではなくて、駄目な自分だからこそ努力量を増やさないといけない。

ここが山里さんの一番凄いところ。

心の痛み・妬み・嫉みを、目的に向かう努力(山里さん曰く「ガソリン」)に使えるところが本当に凄い。

自身のメタ認知がとてつもなく優れていて、「心が折れそうになっている」や「腐りそうになっている」自分を客観視し、プラスに働くように、感情を努力に向けて変換している。

目的(「モテたい」とか「見返したい」とか)に向かう意思の強さが半端じゃないのです。

 

嫉妬をガソリンに変える

実際のノートに書いてある妬みや、復讐案が書籍にも転載されていたが、何よりも凄いと思ったのが、「●●してやる」という風に行動ベースにまで復讐案が記されていたこと。

目標が超具体的だからこそ、それに至るためのプロセスも具体的に見えており、適切な努力が出来るのだと思う。

 

自分の目的に合わせて作られた自身・目的

山里さんの凄いところはまだまだあって、その一つが「目的に向かうプロセスを極端に最適化できる」こと。

M-1グランプリで決勝に行くために、必要なネタ数2つに絞って、1年をかけてネタを試行錯誤し続けてきたというエピソードもそうです。

自分の目的に向かって、自分の感情・行動を全て綺麗な一本道にまとめてしまう力が凄い。

 

天才とは尽きない劣等感と尽きない愛

こちらだけは解説のオードリーの若林さんのコメント。

「天才ではない」が、「天才になりたい」という強烈な劣等感と、お笑い自身・周囲の人々に対する愛情が、山里さんを天才たらしめているという解説でした。

 

山里さんが凄いポイント

  • 目的を明確に定める力
  • その目的に向かって、適切なプロセスを見定める力
  • 自分の感情・行動を客観視できるメタ認知力
  • 自分の負の感情に向き合い、正の努力に繋げられる意思力

 

合わせて読みたい新R25のインタビュー記事

この書籍の発売に合わせて、新R25さんがインタビュー記事を公開しています。

10年以上書いている”反省ノート”。山里亮太「努力をやめたいなんて1ミリも思わない」(引用:R25)

 

こちらにも、山里さんが書き続けている反省ノートと、その努力っぷりが綴られています。

是非、合わせて読んでみてください!

 

本当に、山里さんは凄い。